忍者ブログ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
*キャンドルナイトの窓*
**gremz*
*ライブ**
05.25(土)秦基博 仙台
06.29(土)柴田淳 仙台
08.31(土)音楽と髭達 新潟
09.28(土)徳永英明 仙台
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ | [PR]
音楽を論じる・・・音論。音楽に思うことをずらずら書く自己満足なページ。 本当、音楽はいい。嬉しい時、悲しい時、なんかよく分からない時、普通の日常。いっつもいっつも、感動させてくれたり、想い出くれたり。そういう好きの気持ちが伝われば幸いでっす。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



放送禁止曲って・・・。
これをちゃんと聞ける人は、自分で命を終わらせたりしない。
例え、これを聞いて、自分で終わらせたりした人がいても、この曲のせいではない。
その人がもう決めていたこと。
メディアの影響ってのは、でかい。と思う。
けど、それを、禁止しているだけじゃ、なぁんの解決にもならない。と思う。
この状況の中で、取捨選択して、生きていかなければいけない。と思う。
お勉強も大事だけど、そういう力、が生きるうえで、一番身に付けなきゃいけない大切な力。です。
PR


この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
放送禁止にするのは
その歌に問題があると判断したというよりも、「その歌を流したことによる責任を追及されることから逃れようとしている」ということなので、その辺は大人の事情として察してあげるのが良いのではないかと思います。
「死」を考える段階には何段階かあって、ホントにこの歌で背中を押されてしまう人もいるでしょうし、そのことをとやかく言っても仕方ないように思うんです。ホントに死んでしまう人は、「まんぴーのGスポット」を聴いても死ぬと思うから。
「死んでもいいんだ」って思ったら、少し楽になる人もいるでしょうし、ホントに死んでしまう人もいるでしょうし。全てを十把一絡げに論ずることに意味はないように思うデスヨ。
Nori 2008/09/08(Mon) 21:54 *edit
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright c [ *オトロン** ] All Rights Reserved.
http://otoron.blog.shinobi.jp/