忍者ブログ
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
*キャンドルナイトの窓*
**gremz*
*ライブ**
05.25(土)秦基博 仙台
06.29(土)柴田淳 仙台
08.31(土)音楽と髭達 新潟
09.28(土)徳永英明 仙台
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ | [PR]
音楽を論じる・・・音論。音楽に思うことをずらずら書く自己満足なページ。 本当、音楽はいい。嬉しい時、悲しい時、なんかよく分からない時、普通の日常。いっつもいっつも、感動させてくれたり、想い出くれたり。そういう好きの気持ちが伝われば幸いでっす。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



080623_192140.JPGこの度、仙台でHABUさんの写真展、スライドトークショーがあったので参加してきました!
HABUさんの作品を初めて拝見したのは、98年池袋サンシャインシティ・スカイギャラリーで「雲の言葉」という写真展をしていた時です。たまたま、観光で行った時なんですが・・・(^_^;)そこで、拝見して、いたく感動しまして。で、そういや、いつも行く渋谷のクレープ屋さん(スペイン坂にある)にも同じような写真があったなぁ・・・と思って。それも、HABUさんだったと後に知る。友達から「雲の言葉」という本をもらったり。
なんとなく、HABUさんの作品が身近にいて。
で、自分も空の写真を趣味で(趣味以下ですが・・・)撮るようになって、HPを拝見し掲示板に書き込んだりと、はまっていったんだと思います。
PR


 

「私の将来の夢は、小説を書きながら雑貨屋を営む。こと。」と知人に言ったら笑われた。
「国語得意だったもん!」「読書感想文で賞とったもん!」と、かなりレベル低いことを言ってみたりしたけど、だめで。
タイトルは、いつも、お風呂で考えている。その中のひとつがタイトルの「その角を曲がるつもりもなかった」。
どう?(笑)
なんていうか、角を曲がるってとこや、なかったって過去形にすることによって、ちょっと興味わきませんか??しかも、”も”を使うことで、含み(のりしろ)が多くなるっていうか・・・。
そんなことを考えている毎日に出会った本。
タイトルで借りました(笑)

読んだらね、サスペンスの要素もありぃの、恋愛の要素もありぃの、仕事の要素もありぃの、教育問題の要素もありぃの、深い小説でした。
タイトル借りした割には、◎。でした。



本の好き嫌いがけっこうはっきりしていて、しかも偏っていて、同じような本しか読まないんだけど。
でも、やっぱり、基本は、私の本の基本は「よしもとばなな」なんだなーって思う。本にはまったきっかけとなったのもそうだし。
今回、よしもとばななの久しぶり(5年ぶり!)の小説を読んだけど、やっぱり、他の人比べ物にならないくらいいいなぁって思ってしまった。胸を打つ。というのは、こういうことなんだと思う。胸を打たれる。いつも。そうだった。小説を読んだら、胸を打たれるんだったって思い出した。
いちいち、いちいち、打たれる。こっち側と小説が合ってるからかもしれない、それとも、本がこっちのタイミングを計っていて、呼ぶのかも・・・?



連休中は、ゆっくり本を読もうといろいろ借りてきたんだけど。
その中の、絲山秋子の「ダーティ・ワーク」。3人称だったり、節々で、人の目線が変わるし、呼び名も変わるし、あちこちで誰かと誰かが実は繋がっていたりしたので、1回読み終わった後、気になって、画像のようにノートに書き出してみました。
さらに、弟目線で兄の職業の変遷がわかったりしたので、人ごとに、何歳でどこに住んで、恋人といつからいつまで何度つきあって、職業はどうで、友人関係はいつ知り合ってどんなつきあいかも書き出してみました。
出てくる人も多いし、誰がキーマンかもわからなくて苦労しました・・・。
して、書き出すうちに、時系列も前後してるってことに気づいて(おそっ(笑))、さらに、年表みたいに時間軸でまとめたりしてみました。
深いもんだよねー。こんなに何度も何度も読み直したのは、読書感想文書いたときくらい。
そんだけど、私は、流し読みしてんだなって思う。感覚で読んでるってかね


読み進んでいくうちに、「あれ?これ、読んだことあるなー」
って思って。
「あれ?でも、画像としてイメージできるんだけど・・・」
って考えたら!あら、まぁ!!『やわらかい生活』だ。
寺島しのぶと豊川悦司の映画。
タイトルも違うんで、気づかなかった。
でも、内容は、かなり、忠実に、一緒。
妻夫木くんのヤクザ役がなんていうか、微妙だったけど、
これ読んだらなんか納得。

こういう出会いがなんか嬉しく思った日曜の昼下がりでした。




Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright c [ *オトロン** ] All Rights Reserved.
http://otoron.blog.shinobi.jp/